ボール置き埸

読書メモと勉強したことのまとめ。

動物権利活動家の直接行動の擁護(Hardman 2021)

書誌情報 Introduction Section One Section Two Section Three Section Four Section Five Conclusion 書誌情報 Hardman, I. (pseudonym) In Defense of Direct Action. Journal of Controversial Ideas 2021, 1(1), 2; doi:10.35995/jci01010002. https://…

子犬への危害の不正さからの類推と、限界事例からの議論(Norcross 2004)

書誌情報 1. Fred's Basement 2. Fred's Behavior Compared with Our Behavior 3. The Texan's Challenge*2 4. Humans’ versus Animals’ Ethical Status—The Rationality Gambit 5. The Challenge of Marginal Cases 6. Agent and Patient—the Speciesist's …

反擬人化主義に反対する(Andrews 2020, sec.1.2)

1.2 Anti-anthropomorphism 1.2.1 Anti-anthropomorphism as Avoid Folk Psychology 1.2.2 Anti-anthropomorphism as Avoid Unjustified Attributions How to Study Animal Minds (Elements in the Philosophy of Biology) (English Edition)作者:Andrews, K…

功利主義は個人を幸福の容器として扱わない(Chappell 2015)

philpapers.org Chappell, Richard Yetter (2015). Value Receptacles. Noûs 49 (2):322-332. 功利主義は、人々を交換可能な幸福の容器として扱っているとか*1、人格を分離できてないだとかの理由で、誤った立場であると批判されてきた。この論文ではこの批…

種差別に対しても一貫した態度を取るべきか

注意事項が二つある。 筆者は一貫性を絶対に優先すべきだとは考えない。物事には文脈があり、ある点で一貫することはより悪い帰結をもたらす可能性があるからである。 本記事の主目的は、種差別を重要視してない・例外扱いする人々に再考を促すことである。…

非ヒト動物を民主主義に含める(Cochrane 2019, ch.6)

Cochrane, A. (2019). Should animals have political rights?. John Wiley & Sons. Ch.6 Democratic Representation Should Animals Have Political Rights? (Political Theory Today) (English Edition) 作者:Cochrane, Alasdair Polity Amazon 本書は政治…

状況主義的批判と徳倫理学からの再反論(van Zyl 2018, ch.9)

状況主義 状況主義への反論 状況主義からの別の反論 経験的根拠に基づく徳倫理 van Zyl, L. (2018). Virtue ethics: A contemporary introduction. Routledge.Virtue Ethics (Routledge Contemporary Introductions to Philosophy)作者:van Zyl, LiezlRoutle…

快楽主義の擁護(Moen 2016)

快楽主義の定義 P1(快楽は内来的価値をもつ)の擁護 道具的に価値的であるだけ 欲求の方が内来的価値をもつ 邪悪な快楽と高貴な苦痛 マゾヒストの存在など P2(快楽だけが内来的に価値をもつ)の擁護 Moen, O.M. An Argument for Hedonism. J Value Inquiry…

書評:C. Woodard (2019) 『功利主義を真剣に考える(Taking Utilitarianism Seriously)』OUP

忙しい人のために 本書の内容 第一章:導入 第二章:六つの批判 第三章:理由と正しさの関係 第四章:福利(well-being) 第五章:二種類の理由 第六章〜第九章:道徳的権利、正義と平等、正統性と民主主義、徳 第十章:結論 コメント 問題点1:超義務(supe…

証言の認識論的問題(SEP 4-8節, Leonard 2021)

4. Individualism and Anti-Individualism 5. Authoritative Testimony 6. Group Testimony 7. The Nature of Testimony Itself Leonard, Nick, "Epistemological Problems of Testimony", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2021 Edition), …

証言の認識論的問題(SEP 1-3節, Leonard 2021)

1. Reductionism and Non-Reductionism 2. Knowledge Transmission and Generation 3. Testimony and Evidence Leonard, Nick, "Epistemological Problems of Testimony", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2021 Edition), Edward N. Zalta …

道徳的助言と共同行為(Wiland 2018)

Wiland, E. (2018). Moral Advice and Joint Agency. In Oxford Studies in Normative Ethics Volume 8. : Oxford University Press. https://oxford.universitypressscholarship.com/view/10.1093/oso/9780198828310.001.0001/oso-9780198828310-chapter-6 …

動物製品の購入・消費の倫理(Fischer 2021 ch.7 後半)

購入と消費の倫理(The Ethics of Purchasing and Consuming) 功利主義(Utilitarianism) 権利論(The Rights View ) 徳と自己吟味(Virtue and Self-Examination) 本記事は Fischer, Bob. Animal ethics: A contemporary introduction. Routledge, 2021…

書評:和泉悠(2022)『悪い言語哲学入門』筑摩書房

0 はじめに 1 内容 2 結局、悪口とは何だったのか?なぜ悪いのか? 3 細かい点について ※要注意:本記事には否定的な表現やセンシティブな表現が含まれます。 0 はじめに 本記事は、和泉悠(2022)『悪い言語哲学入門』筑摩書房、の書評である。 悪い言語哲…

書評:エリザベス・ブレイク(2019)[久保田裕之監訳]『最小の結婚』白澤社

本書の内容 ブレイクの最小結婚は「最小」なのか? 本記事はエリザベス・ブレイク(2019、原著2012)[久保田裕之監訳]『最小の結婚』白澤社についてのコメント的なものである。以下、断りがなければページ数は翻訳された本書のページ数を表している。 最小…

自明な命題(Audi 1999)

Audi, Robert (1999). Self-evidence. Philosophical Perspectives 13:205-228. https://philpapers.org/rec/AUDS *1 ざっとまとめていうと 自明な(self-evident)*2命題とは、その命題を適切に理解することが、それを信じることを正当化するような命題 適…

奇跡論法の数式による定式化

奇跡論法とは「ある科学理論について,現在の科学の成功はその科学理論が経験的に妥当でなければ奇跡になってしまうから,その科学理論は経験的に妥当なはずだろう」という,科学理論の経験的妥当性(ないしは科学理論の指示対象の実在性)を擁護する議論で…

2021年に読んだ本

全体を通して 読んでよかった本(特によかったのは太字) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 去年の記事 mtboru.hatenablog.com 2021年の読書メーター読んだ本の数:136読んだページ数:43140(118/day) 月ごとの読書量の変化 全体を通し…

種差別的言語をやめよう

0 はじめに 1 種差別的言語の具体例 「動物」 「何か」「それ」 「屠殺(とさつ)する」 「犠牲者や負傷者はいませんでした」 2 英語の非種差別的言語 3 日本語の非種差別的言語 言い換え 避けるべき表現 参考文献 0 はじめに タイトルの「種差別的言語 spec…

非ヒト動物に対するパターナリズムと安楽死(Regan 2004(1983))

3.6 パターナリズムと動物 3.7 安楽死と動物 選好尊重的安楽死 パターナリスティックな安楽死 Regan, T. (2004). The case for animal rights. Univ of California Press. Chapter 3から一部要約 3.6 パターナリズムと動物 〔これまでの章で述べたように〕私…

子どもとは何か? Schapiro (1999)

Schapiro, T. (1999). What is a Child?. Ethics, 109(4), 715-738. https://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/233943 大人と子どもの違いに関して2つの直観がある。第一に、子どもの意見は、大人の意見と同じような権威や道徳的意味をもっていな…

語「種差別」を巡って

1 はじめに 2 R・RyderとP・Singerの「種差別」 3 RyderとSinger以後 4 「種差別」をどう定義すべきか? 4.1 記述的定義と評価的定義 4.2 広い定義と狭い定義 4.3 「差別」を含む定義と含まない定義 4.4 「種差別」を定義する 5 まとめ 参考文献 1 はじめに …

語「犬笛」の暴力性

政治に関する話題で、少し前から「犬笛」という単語が使われるようになった。 「犬笛 dog whistle」には二種類の意味がある。Cambridge Dictionalyによれば 犬を訓練するために使用される笛で、人間には聞こえない非常に高い音がする 特定のグループ、特に人…

『差別の倫理学のラウトレッジハンドブック』の「イントロダクション」(Kasper Lippert-Rasmussen)

書誌情報 導入 Introduction 概念的問題 Conceptual issues 差別の不正さ The wrongness of discrimination 被差別者のグループ Groups of discriminatees 差別の現場 Sites of discrimination 差別をなくすことと軽減すること Eliminating and neutralizing…

2020年に読んだ本

全体を通して 読んでよかった本(特によかったのは太字) 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2020年の読書メーター読んだ本の数:90読んだページ数:27810 (76/day) 読書メーターに年単位のまとめ機能があるとは知らなかったので、どうせ…

行為功利主義と規則功利主義(シリーズ:功利主義を掘り下げる3)

0 はじめに 1 規則功利主義とは何か 1.1 2つの規則功利主義 1.2 規則功利主義の魅力 1.3 間接功利主義と規則功利主義の違い 2 規則功利主義の問題点 2.1 よくある批判 2.1.1 崩壊問題 2.1.2 ルール崇拝問題 2.1.3 部分順守問題 2.2 洗練された規則功利主義…

道徳理論の本質とその評価:Krister Bykvist *Utilitarianism: A Guide for the Perplexed* 第二章の読書メモ

本記事は Krister Bykvist. *Utilitarianism: A Guide for the Perplexed* Utilitarianism: A Guide for the Perplexed (Guides for the Perplexed) (English Edition) 作者:Bykvist, Krister 発売日: 2009/12/17 メディア: Kindle版 の第二章「道徳理論の本…

ヴィーガンはパーム油も避けるべきか?

0 はじめに 1 パーム油について 2 パーム油の生産方法をどうすべきか? 3 「できる限り」の意味する範囲 1 偶然ヴィーガンOKになっている加工食品 2 ヴィーガン向けの加工食品 3 食品以外 4 他の植物油の使用 5 まとめ 0 はじめに 本記事はパーム油の問題に…

What Is This Thing Called Knowledge? 4th ed. の第13章 moral knowledgeの読書メモ

この記事は *What Is This Thing Called Knowledge? 4th ed.* の第13章 moral knowledge(道徳的知識)の読書メモです。 この本の第一部(第1章~第6章)の読書メモは以下で公開しています。 mtboru.hatenablog.com おそらくいろいろと参考になる部分があると思…

What Is This Thing Called Knowledge? 4th ed. の第一部の読書メモ

現代認識論の入門書で評価が高い(らしい) D・Pritchard *What is this thing called Knowledge? (4th ed.)* What is this thing called Knowledge? (What Is This Thing Called?) 作者:Pritchard, Duncan 発売日: 2018/04/03 メディア: ペーパーバック の第…