ボール置き埸

読書メモと勉強したことのまとめ。

読書メモ

快楽主義の擁護(Moen 2016)

快楽主義の定義 P1(快楽は内来的価値をもつ)の擁護 道具的に価値的であるだけ 欲求の方が内来的価値をもつ 邪悪な快楽と高貴な苦痛 マゾヒストの存在など P2(快楽だけが内来的に価値をもつ)の擁護 Moen, O.M. An Argument for Hedonism. J Value Inquiry…

書評:C. Woodard (2019) 『功利主義を真剣に考える(Taking Utilitarianism Seriously)』OUP

忙しい人のために 本書の内容 第一章:導入 第二章:六つの批判 第三章:理由と正しさの関係 第四章:福利(well-being) 第五章:二種類の理由 第六章〜第九章:道徳的権利、正義と平等、正統性と民主主義、徳 第十章:結論 コメント 問題点1:超義務(supe…

証言の認識論的問題(SEP 4-8節, Leonard 2021)

4. Individualism and Anti-Individualism 5. Authoritative Testimony 6. Group Testimony 7. The Nature of Testimony Itself Leonard, Nick, "Epistemological Problems of Testimony", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2021 Edition), …

証言の認識論的問題(SEP 1-3節, Leonard 2021)

1. Reductionism and Non-Reductionism 2. Knowledge Transmission and Generation 3. Testimony and Evidence Leonard, Nick, "Epistemological Problems of Testimony", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Summer 2021 Edition), Edward N. Zalta …

道徳的助言と共同行為(Wiland 2018)

Wiland, E. (2018). Moral Advice and Joint Agency. In Oxford Studies in Normative Ethics Volume 8. : Oxford University Press. https://oxford.universitypressscholarship.com/view/10.1093/oso/9780198828310.001.0001/oso-9780198828310-chapter-6 …

動物製品の購入・消費の倫理(Fischer 2021 ch.7 後半)

購入と消費の倫理(The Ethics of Purchasing and Consuming) 功利主義(Utilitarianism) 権利論(The Rights View ) 徳と自己吟味(Virtue and Self-Examination) 本記事は Fischer, Bob. Animal ethics: A contemporary introduction. Routledge, 2021…

書評:和泉悠(2022)『悪い言語哲学入門』筑摩書房

0 はじめに 1 内容 2 結局、悪口とは何だったのか?なぜ悪いのか? 3 細かい点について ※要注意:本記事には否定的な表現やセンシティブな表現が含まれます。 0 はじめに 本記事は、和泉悠(2022)『悪い言語哲学入門』筑摩書房、の書評である。 悪い言語哲…

書評:エリザベス・ブレイク(2019)[久保田裕之監訳]『最小の結婚』白澤社

本書の内容 ブレイクの最小結婚は「最小」なのか? 本記事はエリザベス・ブレイク(2019、原著2012)[久保田裕之監訳]『最小の結婚』白澤社についてのコメント的なものである。以下、断りがなければページ数は翻訳された本書のページ数を表している。 最小…

自明な命題(Audi 1999)

Audi, Robert (1999). Self-evidence. Philosophical Perspectives 13:205-228. https://philpapers.org/rec/AUDS *1 ざっとまとめていうと 自明な(self-evident)*2命題とは、その命題を適切に理解することが、それを信じることを正当化するような命題 適…

非ヒト動物に対するパターナリズムと安楽死(Regan 2004(1983))

3.6 パターナリズムと動物 3.7 安楽死と動物 選好尊重的安楽死 パターナリスティックな安楽死 Regan, T. (2004). The case for animal rights. Univ of California Press. Chapter 3から一部要約 3.6 パターナリズムと動物 〔これまでの章で述べたように〕私…

子どもとは何か? Schapiro (1999)

Schapiro, T. (1999). What is a Child?. Ethics, 109(4), 715-738. https://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086/233943 大人と子どもの違いに関して2つの直観がある。第一に、子どもの意見は、大人の意見と同じような権威や道徳的意味をもっていな…

『差別の倫理学のラウトレッジハンドブック』の「イントロダクション」(Kasper Lippert-Rasmussen)

書誌情報 導入 Introduction 概念的問題 Conceptual issues 差別の不正さ The wrongness of discrimination 被差別者のグループ Groups of discriminatees 差別の現場 Sites of discrimination 差別をなくすことと軽減すること Eliminating and neutralizing…

道徳理論の本質とその評価:Krister Bykvist *Utilitarianism: A Guide for the Perplexed* 第二章の読書メモ

本記事は Krister Bykvist. *Utilitarianism: A Guide for the Perplexed* Utilitarianism: A Guide for the Perplexed (Guides for the Perplexed) (English Edition) 作者:Bykvist, Krister 発売日: 2009/12/17 メディア: Kindle版 の第二章「道徳理論の本…

What Is This Thing Called Knowledge? 4th ed. の第13章 moral knowledgeの読書メモ

この記事は *What Is This Thing Called Knowledge? 4th ed.* の第13章 moral knowledge(道徳的知識)の読書メモです。 この本の第一部(第1章~第6章)の読書メモは以下で公開しています。 mtboru.hatenablog.com おそらくいろいろと参考になる部分があると思…

What Is This Thing Called Knowledge? 4th ed. の第一部の読書メモ

現代認識論の入門書で評価が高い(らしい) D・Pritchard *What is this thing called Knowledge? (4th ed.)* What is this thing called Knowledge? (What Is This Thing Called?) 作者:Pritchard, Duncan 発売日: 2018/04/03 メディア: ペーパーバック の第…

動物園の倫理的是非(ドゥグラツィア『動物の権利』より)

以下は デヴィッド・ドゥグラツィア著、戸田清訳(2003)『動物の権利』, 岩波書店 の「6 ペットと動物園」(pp.119-142)の、動物園についてのまとめです。 動物の権利 (〈1冊でわかる〉シリーズ) 作者:デヴィッド・ドゥグラツィア 岩波書店 Amazon 引用の下線…

青木人志(2010)「アニマル・ライツ」の読書メモ

本記事は 青木人志, 「アニマル・ライツー人間中心主義の克服?」, 愛敬浩二ら編(2010), 『人権の主体』, pp.238-256, 法律文化社 人権の主体 (講座 人権論の再定位) 作者: 愛敬浩二 出版社/メーカー: 法律文化社 発売日: 2010/11 メディア: 単行本 クリック…

シェリー・ケーガンの種差別批判批判とシンガーのリプライ論文の要約

What’s Wrong with Speciesism?(種差別の何が悪いのか) by S. Kegan 1. Singer’s Attack on Speciesism(シンガーの種差別への攻撃) 1.1. 1.2. 1.3. 1.4. 1.5. 1.6. 1.7. 2. What Do We Believe?(私たちは何を信じているのか) 2.1. 2.2. 2.3. 2.4. 3. Evaluat…